お知らせ | 能勢町・豊能町で心のこもったお葬式は、北摂工芸社へ

営業時間
24時間
定休日
年中無休
TEL:0120-419-481

お知らせ

近年、大きく変化する「葬儀観」

かつて、人が亡くなると広く関係者にお知らせし
大勢で故人を見送るのが、一般的な葬儀・告別式と考える傾向がありました
立派な祭壇を設け、盛大な葬儀をおこなうことが故人のためでもあり
残されたものの努めと考える傾向も、少なからずあったように思います。

このような葬儀のカタチ、いわゆる「葬儀観」は
ここ十数年で大きく変化しています。
変化にはさまざまな背景があると思われますが
その一つには、日本人の平均寿命は延びたこともあると思われます。

高齢で亡くなられた場合、弔問客は子供の会社関係など
故人を直接知らない人が多くなり、葬儀が形式的になりがちということもあるのかもしれません。

本来、通夜はご遺族や近親者など、個人と深い関わりを持つ人たちが集まり
最後の別れを惜しみ、故人の霊を慰めるためのものでしたが
最近では、一般の会葬者も、昼間におこなわれる葬儀ではなく
通夜に参列することも多い傾向も理由のひとつかもしれません。

ご家族や親しい方たちが、ゆっくりとお別れできるようにと
これまでの形式やしきたりにとらわれずに見送りたい
そのように考える人が増えてきたように思います。

財団法人日本消費者協会がおこなった「葬儀についてのアンケート調査」では
今後の葬儀のありかたについて、次のような回答が多く寄せられたそうです。

・形式やしきたりにこだわらない自由な葬儀があってよいと思う。

・家族だけの葬儀でよいと思う

・簡素な葬儀・派手な葬儀、いろいろあってよいと思う

故人やご遺族様の意見を尊重した葬儀のカタチが
受け入れられる社会になってきたことが分かります。

「株式会社 北摂工芸社」は、大阪の能勢町や豊能町を中心に
地元の皆さまの葬儀に長年携わり続けております。

ご遺族様にとって、大切な故人様を心置きなくお見送りできるように、
自分の家族を送るような気持ちで、ご遺族様に寄り添い、
真心を込めた葬儀でサポートいたします。

お問い合わせはこちらから






pagetop